主婦と総量規制について

主婦の方がキャッシングを考えていろいろ調べていると総量規制ということばを目にすることがあると思います。
総量規制は、貸金業者が守らなければならない規制で、借入申込者の年収の3分の1までしか貸付ができないという規制です。

 

貸金業者では、このルールを守るために、借入も申し込みがあると信用情報機関に照会して、借入残高の総額を確認します。既に年収の3分の1に達しているなら貸付はしません。また、ご自身に収入の無い専業主婦の場合は、総量規制の例外が適用されれば借入ができます。総量規制の例外の1つに、配偶者の年収と合わせた額の3分の1までの貸付ができるというのがあるので、自分に収入が無くても配偶者に安定した収入があれば、専業主婦も借入ができます。ただし、その際には、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要になります。

 

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万 円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることが義務付けられていますので、その場合は配偶者の収入証明書を提出しなければなりません。

 

その他、貸金業者のおまとめローンも総量規制の例外なので、年収の3分の1以上の金額の借入も可能です。主婦の方でおまとめローンを考えている方も利用できます。ただし、おまとめローンは、契約条件によってはかえって返済負担が増えることがあるので、返済負担が本当に軽くなるかどうかよくシミュレーションンをしてから申し込んでください。

 

一方、銀行のカードローンは総量規制の対象になっていないので、年収の3分の1を超える額でも借入ができます。専業主婦も借入が可能な銀行カードローンもあります。たとえば、楽天銀行のスーパーカードローン、りそな銀行のカードローン、じぶん銀行のじぶんローン等です。限度額は低くなりますが、配偶者の収入証明書を提出する必要もなく借りることができます。