主婦の審査基準とは?

金融機関からお金を借りる時には、誰でも審査を受けなければなりません。
パートやバイトで働く主婦の場合も安定した収入があれば審査に通ってお金を借り入れることはできます。ただ、貸す側としては、返済能力と信用性を確認したいので、勤務先や勤続年数などは審査に不利にもなれば有利にもなります

 

たとえば、職業は安定した収入が得られる職業で、勤務先も実績のある安定した企業であれば借りやすくなります。また、雇用形態もパートやアルバイトよりも正社員として働いている方が審査のポイントは高くなります。勤続年数は長ければ審査には有利になります。住まいは持ち家で居住年数が長ければ、賃貸で居住年数が短い場合よりも審査の際のポイントは高くなります。仕事を持つ主婦の方が申し込む場合はあくまでもご本人の属性が審査されます。

 

それから、仕事を持たない専業主婦の方が金融機関からお金を借りたいと思う場合は、借入先が限られます。まず、銀行のカードローンの中の専業主にも貸し付けをしているカードローン、たとえば楽天銀行のスーパーカードローン、りそな銀行の、じぶん銀行のじぶんローン等に申し込めば審査に通る可能性があります。この場合は配偶者に安定継続した収入があることが条件です。

 

専業主婦が、貸金業者から借入をしたい場合は、配偶者の同意があれば申し込みができます。契約には、本人確認の書類以外に、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類の提出が必要です。大手の消費者金融では、専業主婦に借入をするところはありませんが、中小のレディースローンなら、専業主婦にも貸し付けをしている所があるので、審査に通る可能性があります。レディースローンは、女性に特化したローンなので、女性が借りやすくなっています。専業主婦の方は、銀行のカードローンを利用するのが金利も安く、返済負担を軽減できますが、もし、審査に不安があるなら、審査が緩めのレディースローンを利用するという方法もあります。