旦那にバレずに借り入れする方法とは?

主婦の方の中にはご主人にバレずにお金を借りたいと思っている方もいらっしゃると思います。
ご自分がパート等で働いていて安定した収入がある場合、ご主人に内緒でお金を借りるなら銀行のカードローンを利用することができます
銀行のカードローンは、仮審査に通った後、本人確認の書類を提出すれば契約をすることができます。ご主人に関係した書類は提出の必要がありません。契約内容確認のため本人に電話がかかってくることがありますが、自宅に電話がかかってきたとしても金融機関は個人の名前でかけてきますので、ご主人が電話に出たとしてもキャッシングの電話だとはわかりません。専業主婦の方も銀行のカードローンなら本人確認書類だけで契約ができます。配偶者の収入証明書の提出も必要ありませんので旦那さまにバレずに借りることができます。

 

また、主婦の方で、仕事を持っていれば、消費者金融のキャッシングも本人確認証だけで契約ができます。ただ、1つの貸金業者の借入残高が50万円を超える場合、あるいは他の貸金業者を含めた総借入額が100万 円を超える場合には、収入を明らかにする書類の提出が必要です。これもご自分のものを提出するわけなので、旦那さまにはわかりません。

 

仕事を持たない専業主婦の方が借入をしたい場合は少し事情が異なります。自分に収入の無い方は配偶者の年収の3分の1までなら貸金業者から借りられることになっていますが、契約には本人確認書類以外に配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類が必要になります。ですから、旦那様に内緒で借りることはできません専業主婦の方が旦那さまに内緒でキャッシングをしたいなら、銀行のカードローンがおススメです。ただし、お金のことは、人間関係のトラブルに発展しやすいので、あらかじめご主人の同意を得ておいた方が、ベストだと思います。

 

それから、お金のことで自分一人で悩んで、消費者金融から内緒で借りようと思っていると、多重債務者や配偶者に内緒で借りたいと思っている主婦を狙った闇金の罠にはまりやすくなりますので十分注意してください。